阪急豊中駅より徒歩7分

額、眉の上のコリほぐしコリが溜まっていればどえりゃ~痛い場合もあります。

かこの顔コリほぐし 顔コリ記事

以下のようなご質問をいただきました。

毎日お風呂上りに顔コリほぐしをやりはじめて
悩んでいたむくんだ丸顔が
あまり気にならなくなりとても喜んでい ます。
もっと早くかこ先生に出会いたかったです。
でも今からでも遅くないですよね??
ところで、顔コリほぐしを眉毛の上をすると、
打ち身で痛んだところを触っているぐらい
死ぬほど痛いのですが、
そこはがまんしてやった方がよいのですか?

と。

 

はい、我慢してというか。。。
ご自身で加減しながらやってみてください。
私はもともと眉の上がコリコリで
クロマニヨン人の血が残りすぎていると思っています。
(←意味わからん解釈、どーせなら北京原人やろ。)

かたくへばりついて盛り上がっているコリ。
どないせ~っちゅうねん!と思いながら
日々ほぐしてきました。
その結果、額のシワが消えていき
段差もなくなってきました。

でも年を重ねても眉の上が
つるつるの方もいらっしゃり
「お~、なんてうらやましい!」と
常々感じております。

自分で自分の顔のコリをほぐしてきた
10数年の時の中で
最初はそれはそれは痛くて避けたい場所でした。
イタ気持ちいい というよりは不快。
お客様の中でも頭のてっぺんまで響いてくるとか
吐きそうになる とおっしゃる方もいらっしゃいます。

ここ、めっちゃ注意してくださいね。
私の施術ではソフトタッチなのにほぐれていく感触です。
自分でいうと殴られそうですが
それはそれは絶妙な指の当て方で繊細にほぐしています。

でも自分でほぐす場合ってダイレクトに力がかかりすぎてしまい
気持ち良いような、不快なような
ええ感じのような、あかん感じのような
最初はほんとわかりにくかったりします。

特にコリがかたいとがくんと滑るし、格闘しますよね。
私は最初の頃の数年間は偏頭痛予防のためにも
額と眉の上、眉の下は毎日毎日念入りにほぐしてました。

ほぐし終わるとす~っとするのですが
額をほぐす行為は最初の頃なかなか好きになれなかったです。
できれば、とばしたいって思ってました。

 

で、また話が前後しますが額が凝るのは
額に力を入れすぎたり
眉を上げる動作を日常的によくする人に多いです。
それと同時に真剣な眼差しでいろんな事柄をみてしまう人。
眉の上の筋肉が発達しやすい人
という見方もできるのでは????と思っています。

 

いえ、これは仮説です。
わからんまま書いてすみません。

で、ご質問の答えです。
本来ならば死ぬほど痛い ということはありません。
でも死ぬほど痛いと表現してしまいたい
気持ちはわかります。
っていうか、関西人は大げさな表現をするので
死ぬほど美味しいとか よく死ぬほどってつけます。

死ぬほど痛くても
まあ気にしないでぼちぼちやってくださいね。
私もぼちぼちやってきました。

そして施術では「な?な?なんですか?この音は!」と
みなさんびっくりされますが
音より感触は柔らかいままでほぐれてきますので
ぜひ施術にもコンスタントにお越しくださいませ。

 

そして大事なお答えです。今からでももちろん遅くないです。
コリを溜めた分、またぐぐ~んと若返っていかれますよ。
このたびはご質問いただきありがとうございました。
ネタさがしてたところでした。

 

ご予約はこちら
おすすめ