阪急豊中駅より徒歩7分

プロフィール

profile

考案者かこの紹介

2004年11月に顔のコリを流していけば顔が小さくなり
たるみが解消されると知った私は
毎日お風呂の中で40分くらい自分の顔をほぐしていました。
痛いところ、ゴリっとするところを見つけては
そこを柔らかくしていました。
細かい決まりごとは覚えられないたちなので
自己流もいいところです。
しかしそこでいい加減に好き勝手やっても
結果はでるということを体感しました。
そこから10数年の月日が流れ
まだまだ私の顔が変化していっていることに驚きます。
顔にある緊張、こわばりがなくなることは
ふっくら柔らかい顔になっていくのだと感じます。

2004年(37歳)

30歳を過ぎたら上目遣いはしない方がいいですね。そうすると必ず額にシワが入ってしまいます。目の形が三角ですね。目の下のシワや頬のたるみ。かなりひどいですね。この年の11月に顔に圧力をかけて小顔にしていくマッサージに出会いました。その後は見よう見まねで自分なりのいい加減なマッサージが始まったのです。


2005年(38歳)

自己流マッサージをはじめて2ヶ月後です。 このときすでに友人から「顔、小さくなったね」と 褒めてもらい、初めて人様のお顔にマッサージしてみた頃です。 実験台になってくれたNさん、今でも心から感謝しています。



2007年(40歳)

かなり顔がスッキリしてきたもののまだ目に力入ってますね。 「顔コリほぐしで目、大きくなったでしょ。おほほ。」的な写真ですね。 いややわ~。


2014年(47歳)

顔から変な力みは消え、ふっくら感、柔らかさはでてきたものの現在と比べると まだまだ瞼が重いような表情をしています。 眉毛の位置も現在よりも高い位置にあります。 そしてこの時期うっかり増量してしまいエラがえらいことになっています。(←シャレ) あれ?私って下ぶくれだったっけ?と思いました。 増量には気をつけないと。


2018年(52歳)

友人のカメラマン岡田美夏さんに撮っていただいた奇跡の1枚です。 もちろん加工、修正なしですが絶妙な角度をねらっていただきました。 47歳時からこの時までの間に身体について勉強して 身体から楽になっていくことを学びました。 その成果がでたのか眉毛の位置は目に近づいてきて 疲れていても目がぱっちり開けられる状態になってきました。

徳島市生まれ 2004年11月
顔のコリをほぐすことでたるみが解消されることを知る。
以後、自分の顔を実験台にしてコリほぐしの研究を始める。
2007年かこの顔コリほぐしサロンオープン
顔のコリのほぐし方を発信すると同時に
顔をこらせてしまう体の使い方についても研究を重ねている。

顔こりほぐしの誕生秘話、サロンオープンまでの経緯は
顔コリほぐし誕生秘話をご覧下さい。

ご予約はこちら